Woman´s Academy
サイドカラム下部300×100_was_edited-4

貴方のお仕事がもっと楽しくなる
貴方の時間がもっと効率よくなる
ITの活用の仕方がしっかり身につく
「知らなかった」が「できる」に変わる!!!

もっとITを学びたい女性のための学び場
Woman’s Academy

Woman’s Academy 開講趣旨

ライフスタイルに溶け込むデジタルデバイス

Macintoshの発売から30年、Windows95の発売から20年。
当時では考えられなかったデジタル機器の進化はめざましく、デバイスは小型化され、インターネットの急速な普及により、ITツールはもはや「インフラ」としては欠かせない存在となりました。

そして、一家に1台、そして一人1台の時代から、いまやパソコンのみならず、スマートフォン、タブレット・・・と、何台も持ち歩く時代になりました。

ソフトウェアがアプリケーションに進化し、これから益々、ITに付随するデバイスは進化して登場し、様々なアプリケーションを使いこなす時代へ突入すると考えられます。

今、やらなくて、いつやるのか?

もし、このまま、デジタルデバイスを使いこなせないままにしていたら、10年後はどうなるでしょうか?
2000年代に生まれた世代は、「デジタルネイティブ」として、生まれたときには、既に生活環境の中にパソコン・スマートフォン・インターネットが存在し、あえて学ばずとも自然に使いこなす環境があります。

しかし、IT普及以前に生まれて、時代の流れと共に学ばなければならなかった、デジタルイミグラントと呼ばれる世代(現在、40代以降の世代)は、自ら学んで身につけなければ、最新のデジタルデバイスやインターネットに氾濫するWebサービスを使いこなすことが困難です。

「貴方」自身のための講座

『Woman’s Academy』は、アーリーアダプターとして、目新しいツールに自ら飛び込んでいく方は対象としていません。

むしろ、レイトマジョリティとして時代の様子をうかがっていた方、もしくは、デジタルの進化が急速に進む中、「仕事」「会社勤務」などの社会環境から離れていていた方、長い間主婦として活動していたが社会復帰したい方、ITツールに関して全くわからないけど、今からなんとか追いついて行きたい方、自分の専門分野で開業をしたいがデジタルデバイスやインターネット・Webに関しては全くわからない方が、
少しでも、自分に必要なIT知識を学び、自分の活躍の場を広げる1つの手段として、ITを学ぶ機会を得られればと考えています。

 

私自身の友人たちのデジタルからかけ離れた環境を知って決意しました

40代・50代の女性が多く集う場で、会話をしていました。
友人 「今の会社って、『お茶汲み』『コピーとり』ってないの?」
私 「中小企業はまだあるかもしれないですが、私のいた上場会社では、『お茶汲み』の業務はありませんね」
「ましてや、『コピーとり』・・・なんて、コピー機が勝手にソーターで仕分けしてホチキスや2穴開けまでやってくれますから」

こんな会話をしていて、ふと考えたことは「情報難民」ということです。

いまや、インターネットが使いこなせるかどうかで、自分が取り入れられる「情報」の量は変わってきてしまいます。

もちろん、インターネットに氾濫する全ての情報が正しいわけでもないですし、「情報の質」の観点では質が高いものもあれば低いものもあります。

しかしながら、情報の収集、情報の選別(質の見極め)、情報の発信が容易にできることは、社会活動においても生活環境においても優位であることは明らかな時代になってきているといえます。

情報難民にならないためのセイフティーネットにしたい・・・そんな思いから「Woman’s Academy」を開講する決意をしました。

↓↓↓Woman’s Academy 講座概要はこちらのリンクから↓↓↓

 http://brainswitch.jp/womans-academy-seminar/

 

下記は、Woman’s Academy で開催している講座一覧になります!

講座一覧

↓↓↓Woman’s Academy 講座概要はこちらのリンクから↓↓↓

 http://brainswitch.jp/womans-academy-seminar/

 

 

受講を希望される方でご質問等ある方は「お問合せ」からご連絡くださいますようお願い申し上げます。
http://brainswitch.jp/contact/

受講をお申し込みの方はこちらをクリックすると、お申し込みページへジャンプします!

https://ws.formzu.net/fgen/S98636119/